生活における洗濯の役割

洗濯は、基本的な家事のひとつで、汚れた衣類・寝具などの繊維製品をきれいにするために洗う行ないです。
専用の機械(洗濯機)を用いる機械洗いと、たらいなどの道具を用いる手洗いとがあります。
洗濯機の普及以前には、洗濯板が広く使用され、洗剤の代わりに石鹸や灰汁を用いていたため、重労働でした。
いまでは、洗濯機と化学物質(洗剤)が多く用いられ、家事労働の省力化に貢献しています。
洗濯機は、洗濯を半自動または全自動で行う機械です。
また、自動洗濯機の出現によりほとんど用いられなくなりましたが、洗濯板は靴下などの汚れの酷い部分を予洗いするためなどに使われています。
家事のなかでも洗濯は、手間がかかって面倒といわれています。
そのうえ日本は、高温多湿の気候のうえに梅雨があるため、なかなか晴天にめぐまれない日があります。
洗濯物も戸外に干せません。
しかし、家族の健康を守り維持していくのには、清潔な衣類や寝具が必要です。
洗濯物を少しでも早く乾かす方法がないか探し、室内干しなどの情報をうまく取り入れて効率よく仕上げるのもいいでしょう。
いまは、マスコミでも洗濯指数など、毎日、身近な生活情報を伝えています。
さらに洗濯が楽しくなる道具を使用したり、さまざまな知識を得て洗濯機や洗剤など使いこなすことも効果があります。
また節電・省エネが、いわれているいま、節水やお風呂の残り湯で洗濯をしたり、エコロジー洗濯商品を使ってみることも大事でしょう。
生活するうえで必要不可欠な洗濯ですが、ほぼ毎日のことですので、苦にならないように工夫するとよいでしょう。

便利な生活関連の情報サイト

  • 顧客満足度ナンバー1の鍵(東京)サービスはこちら。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018生活習慣から考える健康生活.All rights reserved.