教養は人生を豊かにするもの

教養の内容は、時代・社会とともに変化しますが、現代の日本では、高校終了程度の一般的基礎知識を指すことが多いようです。
また、教養が成立する社会には、共通の価値観が存在していることが基になっています。
さまざまな分野にわたる一定レベルの知識や常識と、古典文学や芸術など質の高い文化に対する深い造詣を持ち、それがその人の品位や人格を形成していることが大切です。
ただ単に知識が豊富なことに留まらず、人間性という、人間的評価の意味を含み、個人の人格に深く結びついた知識や行いをさします。
一方知識を求め学ぶことで、社会や文化に興味を持ち、その面白さが倍増することがあります。
つまり人生や生活を謳歌することができるのです。
これこそが<教養こそ最大の娯楽である>といわれる所以です。
大量生産された製品を持つ現代の文化を、映画、まんが、文学、ファッション、デザイン、思想、などジャンルにとらわれず探求していくことも、第一歩です。
学歴も偏差値も絶対条件にならない、人間の持っている本質だけで選んでいくのです。
今現在の知識が乏しいからといって、その状況は非難されるものでもなく、人付き合いや社交の場においても、洗練された会話や身のこなしができる能力を身につけていくことで、教養は深まります。
生活の中で、視野を広げ、学問や芸術、および精神修養などの教育、文化的諸活動を進めていくことは可能です。
物事に対する理解力や創造力を養い、品位と人格を高めようとする心構えが生活を向上させるでしょう。

便利な生活関連の情報サイト

  • 留学についてはこちらのページが便利です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018生活習慣から考える健康生活.All rights reserved.