ペットのいる喜び

一般的には愛玩動物(あいがんどうぶつ)とも呼ばれ、人の心を和ませたり楽しませてくれる、といった理由で人が飼っている生物のことをさします。
近年では人々の動物に対する考え方や接し方が、より細やかで密接になる傾向があり、それを反映してコンパニオンアニマル(人生の伴侶としての動物)という概念が普及してきています。
つまりペットを飼っている多くの人にとって、ペットは家族の一員になってきているのです。
人は日々の生活の中で、ペットとの様々なやり取りを楽しんだり、その姿や鳴き声などを鑑賞したりします。
ペットは人間の生活にかかわりのある動物なので、人間の生活サイクルに対応できる動物が好まれています。
しかしペットは命をもった生物であり、単なるモノとは違い、栄養や環境などに配慮する必要があります。
つまり人はペットの生存のために餌を用意したり、ケージ、小屋、ベッド類などを用意し住環境を整える必要があります。
現代のペットは野生動物とは異なり、様々な世話を必要とし、人間との相互関係の生きているのです。
飼い主は、ペットを飼うことで、孤独感から開放され、癒しを得ることができます。
また情操教育の一環として、愛情や思いやりの心などが育つと、効果が期待されています。
ペットは、広い年齢層や色々な立場の飼い手の、人生の質の向上に役立っています。
飼い主は、ペットを飼うことに伴う責任や困難を理解し、飼い主としての良識や、マナーを守って、上手にペットとの生活を楽しみましょう。

便利な生活関連の情報サイト

  • 急な鍵(長崎)のトラブルはこちらがおススメ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018生活習慣から考える健康生活.All rights reserved.